平成30年度第三回定例会議開催

本日から、平成30年度第三回定例会議(※)が始まりました。

冒頭に、前回定例会後に続いた、西日本豪雨災害、台風21号による水害、そして北海道胆振東部地震で亡くなられた皆様への黙祷をささげ、続いて、小池都知事の所信表明がありました。災害に対する「十全の備え」の大切さから始まり、第7代東京市長の、「活動がなによりも大切である」との言葉をとりあげ、残り二年の任期で「東京大改革」を推し進め、成熟都市へと進化させるという意欲的な内容でした。

今回の定例会議では、日ごろ有権者の皆様からいただいているご意見をもとに、都の防災計画について質疑を行います。また、都から提出された「人権尊重の理念実現のための条例(仮称)」についても、所属する総務委員会にて、条例化の意義についての議論を深めます。

(※)平成30年第3回定例会会議予定表

“平成30年度第三回定例会議開催” への2件の返信

  1. Haruki

    福島さん。小池知事の施政方針はよくまとまっていた。2年間の実績と今後の取り組み。
    後藤新平氏を範とされているみたいです。ちなみに前の福島さんの一般質問を再度
    試聴しました。ICT政策、EBPMの推進(証拠に基づく政策立案)などについての
    質問でした。期待しています。

    返信
    • rieko 投稿作成者

      Haruki 様
      平成30年第1回定例会一般質問をご覧いただいたのですね。
      ご視聴ありがとうございます。

      (動 画)https://www.youtube.com/watch?v=dhgPOECm_GI
      (議事録)https://www.gikai.metro.tokyo.jp/record/proceedings/2018-1/04.html#02

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA