「女性のための政治サロン」の第二回開催

10/20の日中に、杉並区のあかねがくぼ都議と一緒に、「第二回女性のための政治サロン(※1)」を開催しました。

前半は、板橋区の木下ふみこ都議が中心となって作成した資料<社会を変える女性の力〜女性のリーダーシップと政治〜>を用い、日本の女性の政治参画が遅れている(ジェンダーギャップ指数;※2)ため、女性の声が届きにくいこと、そのようななかで、①DV法、②刑法の性犯罪規定、③保育園政策、など、女性が行動したことで法律が制定されたり政策が実現した事例を紹介しました。

後半は、女性ならではの課題(女性が政治にあまり参画できていないために進んでいない課題)をあげ、それを進めるには自分たちが何をできるかについて、グループ・ディスカッションを行いました。台風に伴う日程変更があったこともあり、この日の参加者は8名でしたが、
・女性向けの性教育の充実
・伝統的な男女の役割分担意識の改革
について、議論が盛り上がりました。

女性のための政治サロンの様子

発表を聞いて私自身、改めて気づけた点もあり、女性政策についても、都民ファースト、すなわち、より多くの皆様の声を聞く重要性を改めて認識しました。「女性のための政治サロン」の準備はそれなりに大変ですが、有志で取り組んで本当によかった!と思っています。

これまでの結果を受けて、参加者の皆様のご期待に応えられる内容にしようと、三回目以降の内容についても、有志メンバーで議論を重ねています。政治に興味を持つ女性を増やし、共に活動していきたいと思います!

※1 「女性のための政治サロン」の第一回開催/
※2 世界経済フォーラムが「ジェンダー・ギャップ指数2017」を公表

女性のための政治サロンの様子2

“「女性のための政治サロン」の第二回開催” への2件の返信

  1. Haruki

    福島さん、この会については、当初から無条件で賛同しています。
    第2回からは、あかねがくぼ都議と一緒ですか?彼女も積極的な方ですね。
    政治に関心の高い一般女性と論議することは有意義です。
    参加された皆さんと何かしらの方向が生まれれば、良いですね。
    ご苦労さんです。

    返信
    • rieko 投稿作成者

      賛同する女性都議6名で活動しており、第2回〜第4回は、2人ずつ別れて、3チームで開催しています。私は、お隣杉並区のあかねがくぼ都議と一緒に、参加者の皆様と議論を深めています。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA