「ジャパン キャンサー サバイバーズ デイ 2019」に参加

6/2の午後は、先日ご面識を得た「日本対がん協会」の垣添会長からご紹介頂いた、「ジャパン キャンサー サバイバーズ デイ 2019(※)」に、後援会メンバーと一緒に参加しました。

がん患者本人や家族を支える様々な活動に取り組まれている皆様と意見交換できました。私としては、今回の勉強に限らず、
・がん治療など、様々な制約がある中でも働き続けられるよう、経営者を啓発するとともに、テレワークや勤務制度を整えること
・都民が様々な社会的活動をするための場所を提供すること(都内は場所代が高くて活動が制約されがちだが、場所代という足かせを取り払い、活動しやすくすることで、都民からみた活動の選択肢が増えるとともに、必要とされる活動が選択され、定着する)
を推進したいと改めて思いました。

※ がんサバイバー・クラブ
ジャパン キャンサー サバイバーズ デイ 2019
ジャパン キャンサー サバイバーズ デイ 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA