文教委員会で団体ヒヤリング

8/9は長崎に原爆が投下されてから74年。改めて、核兵器が二度と使用されることのないよう、あらゆる機会を通じて働きかけることを誓いました。

日中は都議会で、文教委員会として団体ヒヤリングを行いました。日本語を母国語としない子供への教育が不十分であること、そして、障害をもつひとり親がセーフティネットから抜け落ちていることを、部会メンバーで共有しました。

認識した様々な課題について、第一会派、責任与党の一員として、議会活動を通じて改善を求めていきます。
文教委員会として団体ヒヤリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA