第3回タウンミーティング

2/11に地元桜新町で、第3回タウンミーティング「地域のつながりを考えよう」を開催、初参加の方も多く、26名の方にご参加頂きました。
前半は都政報告会、後半は、約半年前に開催した第一回都政報告会のワークショップの結果も踏まえつつ、「地域活動になぜ参加しない(しなかった)のか」、「どうすれば参加する(した)のか」を、これもワークショップ形式で議論しました。
若手参加者からは「どんな活動をしてるかわからない」し、「メリットも感じない」、しかしながら、「既存のお祭りとかじゃない、サッカーとかで繋がるのもいいのではないか」という意見がありました。
皆さんの意見を聞く度に、気づかされることがあります。今後も公聴活動を継続して参ります。
タウンミーティングの後の懇親会も、盛り上がりました!
毎回、準備、運営、取りまとめを手伝ってくれてる後援会の皆様にも、感謝申し上げます。

第2回タウンミーティング

昨日(12/16)、用賀区民会館で、第2回タウンミーティングを開催しました。私が総務委員会で質問を重ねている「東京都ICT戦略」の紹介をした上で、講師としてお招きしたエコム株式会社代表の石神勝博さんに、ICTを使った地域課題解決に関わる提案の例やcode for AICHIの活動について紹介いただき、ダイバーシティとセーフシティーの観点で、こんなことのがあったらいいな、について、参加者全員でアイデア出しのワークショップをしました。

ちょっと難しいテーマかなと思ったのですが、質問もディスカッションも盛り上がりました。「全ての電柱にカメラとマイクをつけて、警官の対応ができるようにしてほしい」、「都庁からの情報提供をもっとわかりやすくして欲しい」、「災害時の救助のために障害者など要配慮者の場所を教えてほしい」など、まさに今、都議会で議論している内容と関連した要望がたくさん上がりました。都民の声の代弁者を務められるよう、皆様の意見を聞く場を継続して設けて参ります。

年末なので忘年会を兼ねて懇親会も開き、交流を深めました。選挙以降、継続して支えてくださった、そして、様々なご経験を元にご指導いただいている皆様に、心から感謝申し上げるとともに、来年の益々のご健勝をお祈り申し上げます。

第1回タウンミーティング

10/29の午後は、近所の<弦巻区民センター>で<タウンミーティング>を開きました。参加者は選挙を手伝ってくれたママ友達。皆、中学〜大学の子供を持つ親です。

前半で都政報告を行い、後半はワークショップとしました。テーマは「子育てに関する問題意識や要望」。都も区も待機児童対策に注力していますが、もう少し上の世代の子供を持つ親同士、互いの話に共感しながら、意見をグルーピングしていきました。

例えば、小池都政の成果の1つである私立無償化も、支給時期が後期の授業料納付時期にさえ間に合っていないこと、部活動の遠征費が思いの外家計を圧迫していること、そして、我々の世代とは社会情勢が大きく変わる中、学校の教育をきちんと受けておけば大丈夫と親自身が言えないこと・・・。様々なご意見を伺うことができました。

以前にも述べましたが、良い質問は、
(肌で感じた都民の声や情報;着眼点)×(議員の調査活動の量や専門性;客観性)×(都の行政範囲)
だと思っています。

街頭活動、地域のイベント参加、そして都政報告会とタウンミーティングは、(私の場合、投票してくださった70.471人の)都民の皆様の声を代弁する議員活動の要。しっかり継続してまいります。

タウンミーティングは、テーマと興味のある人を数人集めていただければ、どんどん計画してまいります。ご興味のある方はご連絡ください!