議会改革検討委員会 有識者ヒアリング

11/26の日中は、議会改革検討委員会の委員として、有識者ヒヤリング(※)に参加しました。

元衆議院法制局参事の吉田利宏氏の話は非常に分かりやすく、「理念だけの議会基本条例を作る時代は終わった、規模の大きな都議会が議会基本条例を作るなら、暗黙知の領域に踏み込む覚悟が必要」「都議会ほど大きな組織は他になく、試行の後に本格導入を繰り返すしかない」とのことでした。

※ 議会改革検討委員会 有識者ヒアリングの実施について

私はまだ暗黙知の領域はよく理解していませんが、後者は同感です。

そして個人的に興味があるのは、
・都民の声を反映するための仕組み
・議員の政策立案機能の強化
・多様な人々(含 女性)が議員として活動するための環境整備
です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA