「子供の貧困」に関する勉強会

7/19も終日、都議会で陳情対応を進めるとともに、会派の菅原都議企画、文教&厚生部会主催の、「子供の貧困」に関する勉強会に参加しました。「首都大学東京 子ども・若者貧困研究センター」の阿部彩教授(※1)。2016年度に東京都で(※2)、その後、世田谷区(※3)をはじめ、都内で実施した調査結果について、ご説明いただきました。

※1 阿部 彩 教授
※2 子ども・若者貧困研究センター 東京都「子供の生活実態調査 」
※3 平成30年度子どもの生活実態調査の結果について

報告の中で衝撃的だったのは、
1 低所得
2 子供の生活のはく奪(海水浴に行く、お誕生日のお祝いをするなど)
3 家計のひっ迫(ライフライン関連の料金未払い)
のうち、2つに該当する場合を困窮層、1つに該当する場合を周辺層と定義した場合、その状況と学習の理解度に明確な相関がみられたことです。困窮層にあっては、小学校低学年から約半数が学校の授業がわからなくなっていることが明らかにされていました。

習熟度別クラスにすると、習熟度が低いクラスで授業時間が減る(授業に入るまでに時間を要するなど)、放課後教室などの支援策も、支援が必要な家庭に届きにくい、などの課題も伺うことができました。

情報交換の頻度を高め、収入の過多に寄らずに子供たちが基礎学力をつけることのできる環境の整備を支援してまいります。

「世田谷区空き家等地域貢献活用」陳情対応

7/18の日中は、都議会で陳情対応を進め、夕刻は地元で、複数の陳情を受けました。一つは世田谷区が進める「トラストまちづくり事業(※1)」のひとつ、空き家を使って地域のつながりを作る、「世田谷区空き家等地域貢献活用(※2)」に関するものです。興味深い取り組みだと考えているのですが、そばにお住いの皆様への配慮も同時に必要です。地元区議会議員と協力して対応を進めています。

※1 一般財団法人世田谷トラストまちづくり
※2 世田谷区空き家等地域貢献活用

「高齢者安全運転」関連&「東芝研究開発センター」OB会

7/16は終日都議会にて、週末に伺った陳情の対応をしました。

7/17の午前中は、「高齢者安全運転支援装置設置促進事業補助金(※1)」の事業説明や、「高齢者交通事故防止対策」に関する検討の進捗の説明を受けました。70歳を過ぎると、免許更新時に「高齢者講習」を受講(※2)、75歳を過ぎると、加えて「認知機能検査」を受ける(※3)ことになります。この「認知機能検査」で待機日数が長期化傾向だったものの、運転免許試験場でも受講できるようにして、改善しているとのことでした。

※1 高齢者安全運転支援装置設置促進事業補助金
※2 高齢者講習(70歳から74歳までの方の免許更新)
※3 認知機能検査と高齢者講習(75歳以上の方の免許更新)

運転に不安がある方の免許返納を促すとともに、車がないと生活に支障を生じる場合の支援策の検討も進める必要があります。

7/17の午後は、前職場である「東芝研究開発センター」のOB会に参加、現所長より会社の現況の説明を受けるとともに、140名ほどのOBOGの皆様と懇親を深めました。離職して2年、初めて元職場に足を踏み入れましたが、懐かしい顔ぶれと変わらぬ職場に、時間の経過を感じませんでした。たくさんの応援の声に応えられるよう、頑張ります!
東芝

3段のゴミ箱を購入

最近導入した、3段のゴミ箱。上から順に、
(1)プラスチックトレー類
(2)可燃ゴミ
(3)PETボトルと不燃物
(1段につき2つゴミ袋がセットできます)

トレー類は食器洗いの時にさっと洗って、1段目に入れ、ある程度集まったら、回収しているスーパーに持っていきます(世田谷区はプラスチックゴミを回収していません)。可燃ゴミの量は激減します。

(1)の保管場所さえ決めておけば、スッキリ暮らせますよ!

プラスティックトレー

せたがや商店街イベント「街バル」

7/13の夕刻は、「付き合ってもいいよ!」と言ってくれた後援会メンバーと2人で、世田谷区内で開催されている街バル(※1)の一つ、「中里通り商店街プチ街バル(※2)」に行ってきました。世田谷区は広く、3年目に入っても行けていない場所も少なくありません。このようなきっかけがあると、初めての場所でも訪れやすいです。

※1 せたがや商店街イベントマップ
※2 中里通り商店街プチ街バル

「はしご酒をする」と決めてお店を回るのは初めての経験でしたが、一晩に様々なお店と料理を味わえるのも楽しいものですね!私達は、
1. 八百屋の「八百森」さんで「街バルチケット」を購入、商店街の現状を伺い、
2. イタリアンの「Osteria EURO」の「豚ガツとクレソンのマリネ」で一杯目を、
3.創作料理の「ヒダリキキ・バル」の「カニみそコロッケ」と「水なす」で二杯目を、
4.蕎麦の「東風」で〆の「ざるそば」をいただきました。

三軒茶屋から歩ける距離の「中里商店街」ですが、(チラシからは想像できない、失礼)お洒落なレストランやバルが沢山あって驚きました(チラシには5軒しか載っていませんが、他のお店は商店街組合に加入していないんだそうです・・・)。どの料理も美味しく、気持ちもお腹も大満足!800円のチケットで1000円分いただけるこの機会に、この記事を見たあなた、「中里通り商店街プチ街バル」に是非訪れてみてください!

# 区内の街バル(※1)につきあってもいいよ〜、という方、大募集中です!

街バル
街バル
街バル
街バル
街バル
街バル

「コミュニティカフェさくら」に参加

7/13のAMは、地元の団体2つの集まりに参加、午後は、昨年参加した「西日本豪雨ボランティア」でご一緒して以来の友人が開催する「コミュニティカフェさくら」に参加しました。

私は3回目の参加でしたが、友人の目指す、ゆるやかな地域のつながりが、ちゃんとできていることを感じます。職種や性別、世代を越えて、複数のグループでそれぞれのテーマでお話が進みます。盛り上がるにつれて皆大声になるので、終わってみたら声が枯れてました(笑)。

良心的な値段で頂ける、手作りの落雁とお抹茶も美味しいのですが、この日は、ロシアの「戦闘糧食」を差し入れて下さった方がいて、お相伴に与りました。クラッカーにパテやチーズを塗って頂いたのですが、どれも美味しくて驚きました。その方によれば、自衛隊の食糧はこれに比べると質素だとのこと。軍隊と自衛隊では、食事の意味も違うのだと改めて思いました。

最後の写真にセットの内容をテキストで追記しています。3食分、計4860kcal! ご覧ください!
戦闘糧食
戦闘糧食

「NPO法人高卒支援会 水道橋校」視察&「Tokyo Tokyo Festival関連イベント」

7/12の日中は、清水やすこ都議と文教委員会の一部メンバーで、日本橋にある「NPO法人高卒支援会(※1)」の水道橋校の視察に行きました。ここでは、中学や高校で不登校になった子供たちが、通信高校の卒業資格を取れるよう、支援しています。

※1 NPO法人高卒支援会

神奈川県の調査結果(※2)では、ひきこもり状態となったきっかけの1位は、「不登校 」(37%)です(続いて、「精神的な疾病又はその疑い」(36%)、「人間関係がうまくいかなかった 」(34%)、ちなみに東京都はまだ調査をしていません)。見学した授業では「投票率をあげる」をテーマに各人が方法を提案するものでしたが、不登校だった子供たちが、元気に意見を述べている姿を見ました。

※2 「ひきこもりの現状と支援に関する調査」の結果について

不登校といっても、ここに来る生徒は、中高一貫校から来る割合が8割とのこと。7/8の視察と同様に、ここでも、従来の教育システムや現場と、子供たちの多様性との齟齬を改めて感じました。必要な取り組みを提案するために、現場に足を運び続けます。

その後、都議会に戻り、都の公共工事における熱帯雨林材の不正利用に関する陳情を受け、夕刻には、都が東京2020大会に向けた文化事業「Tokyo Tokyo Festival(※3)」の一環として催したオペラ「トゥーランドット」の鑑賞に参加しました。主演級の出演者のレベルはもちろんですが、引き算の美学ともいえる日本らしい舞台演出が素晴らしかったです。

※3 Tokyo Tokyo Festival

議会でも課題になっている、東京2020大会との関連が分かりにくいという問題ですが、同行した母に聞いたところ「小池都知事の挨拶文を読んで始めて分かった」ということでした。都職員は「Tokyo Tokyo Festival」関連の掲示物を増やしたと言ってましたが、それ以前の問題だと感じます。

NPO法人高卒支援会 水道橋校
Tokyo Tokyo Festival
Tokyo Tokyo Festival

「官民連携DB」「補助52号線」「社会保険労務士政策研究会」

7/11のAMは、都議会で、「CIVIC TECH FORUM 2019」でお会いした、行政データのクレンジングを実際に手掛けた経験者と、官民連携DBを検討する都職員を交えての会議を行ったり、地元の「補助52号線」の計画沿線にお住まいの世田谷区民の皆様から質問を受けたりしました。

午後は、事務局長を務める会派の「社会保険労務士政策研究会」と、「社会保険労務士政治連盟」との、約1年ぶりの意見交換会でした。先日、菅原都議とともに訪問し、意見交換させていただいた「がんと就労」の問題のみならず、東京都が取り組む「働き方改革」関連全般において、特に中小企業の現場をよく知っている社会保険労務士の皆様の知見を活かしていただけるよう、情報交換を継続します。

社会保険労務士政治連盟