文教委員会、団体要望ヒヤリングを実施

8/1、2は、文教委員会として終日、団体要望ヒヤリングを行いました。

・日本語を母国語としない子供の教育制度
・人口呼吸器が必要な医療的ケア児の通学・学習支援

などについて、東京都の取り組みがまだまだ不十分であることを改めて認識しました。

国籍や障害が理由で排除されることのない、学ぶ機会の提供を推進します。

# 日本では「インクルーシブ教育」が正しく推進されていないことが文科省のサイト(※)で明確に述べられています。

※ 障害者権利条約批准・インクルーシブ教育推進ネットワーク

団体要望ヒヤリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA