未踏ジュニア代表の鵜飼佑氏と初会合

8/28の午前中は、10/5に予定している「第六回都政報告会」のゲスト、未踏ジュニア代表の鵜飼佑氏と、ご講演内容について初会合をしました。私の都政報告会としては初めて小池都知事をお招きします。ここで、私が注力する「3つの政策(※1)」のうちの一つ、「次世代教育の推進(プログラミング教育やSTEAM教育)」について、鵜飼氏、参加者の皆様とともに、議論を深めたいと考えています。

※1
・次世代教育の推進(プログラミング教育やSTEAM教育)
・地域コミュニティの活性化
・働き方改革の推進

鵜飼氏の経歴はリンク(※2)に詳しいですが、学生時代にプログラミングに興味を持ち、「マイクロソフト」での勤務を経て、17歳以下のクリエータ人材育成を担う、「未踏ジュニア(※3)」の代表も務めていらっしゃいます。今後は「日本グーグル」の教育領域も担当されるとのこと。今回のテーマにピッタリの方です。

※2 世界で存在感を失いつつある日本で、2040年に生きる子どもたちに必要な教育とは?
※3 未踏ジュニア
興味を持った児童生徒が、家庭環境に関わらず、プログラミングを学べる環境の整備や、主体的に課題解決に取り組める人材育成につながるプログラミング教育のあり方について議論が盛り上がりました。乞うご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA