平成30年度第三回定例会議の代表質問

今日9/26は、平成30年度第三回定例会議の代表質問が行われました。

都民ファーストの会の代表質問には、仲間と協力しながら私も主体的に関わった、

・区市町村庁舎への非常用電源整備推進
・集合住宅の防災対策の周知
・災害時の個々人の通信手段の充電ニーズに対する検討の着手
・障害者雇用促進に留まらない、誰もが社会の支え手になるための取り組み(ソーシャル・ファーム)

などが取り上げられ、いずれも前向きな答弁を得ることができました。

また、
西日本豪雨のボランティアに行った経験から課題だと感じていた、
・災害関連廃棄物の処理

連合による「消費者行動に関する実態調査」(※)から明らかになった、
・接客業を始めとする中小企業労働者への度を超えたクレームの問題
も、仲間の議員が盛り込んでくれました。

※ 消費者行動に関する実態調査

手前味噌で恐縮ですが、政調会メンバーが最後まで調整したこともあり、都民ファーストの視点で、そして、都からは前向きな答弁を引き出すことのできた、これまでで一番の代表質問だったと胸を張って言えます。

“平成30年度第三回定例会議の代表質問” への1件の返信

  1. Haruki

    福島さん。代表質問の作成に協力ご苦労様です。増子都議もしっかり質問されてました。
    あえてコメントします。(1)大概、知事の姿勢とあると、良い質問―答弁になりませんね。
    (2)知事に質問を30てありますか?腑に落ちません。
    次は、一般質問で、後藤都議に注目しています。お元気でしょうか?
    期待しています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA