「女性のための政治サロン」の第三回開催

10/28の日中は、杉並区のあかねがくぼ都議と一緒に、「第三回 女性のための政治サロン(※1)」を開催しました。場所は、後藤都議にご紹介いただいた、リジョブ(※2)のオフィスの打ち合わせスぺースをお借りしました。靴を脱いで人工芝の上を歩く、開放的で気持ちの良いスペースです。

この日は、女性ならではの課題(女性が政治にあまり参画できていないために進んでいない課題)とその阻害要因をあげ、どのような取り組みをすればよいか、を考えるWSでした。参加者12名、3グループで、
・伝統的な男女の役割分担意識の改革
・ポジティブ・アクションのさらなる推進
・立場の異なる女性がひとつになって活動するための工夫
について、それぞれ議論、中間発表をしました。

3つめのグループがあげた女性の課題は、家事(KAJI)、子育て(KOSODATE)、介護(KAIGO)、管理職(KANRISYOKU)、政治参加(SEIJISANKA)、の「4つのKと1つのS」。女性は立場で問題点が異なることから、女性関連政策が進みにくいという側面があると思っています。

政治サロンで頂いている貴重なご意見は、会派の女性関連施策の予算要望作成にあたって、とても参考になっています。残り1回のサロン(11/11)、そして最後の発表会(11/23)に向けて、課題と対策の議論を深めて参ります。

※1 女性のための政治サロン
※2 REJOB

女性のための政治サロンの様子
女性のための政治サロンの様子

“「女性のための政治サロン」の第三回開催” への2件の返信

  1. Haruki

    第3回。いい部屋・環境で催せたのですね。女性活躍は徐々にすすんでいますが、
    まだまだですね。医大入試の様に隠さている問題もあります。それと今、国会には、力のある
    女性議員はいないようですね。
    今回この会には、考えを持った女性が集まっているので、討議も楽しいでしょうね。
    11月23日最終の提言まで期待します。

    返信
    • rieko 投稿作成者

      おっしゃる通り、有意義な議論ができています。11/11に第4回がありますが、最終回の提言に向けて、理解と議論を深めてまいります。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA