「NPO法人ディーセントワーク・ラボ」様にお話しを伺いました。

5/20の日中は、都議会にて、「NPO法人ディーセントワーク・ラボ(※)」の代表理事の中尾さんから、昨年の調査報告を伺ったり、代表質問の準備、陳情対応などを進めました。

日本の障害者雇用は、
B型
A型
就労移行支援
就労(企業での雇用)
と分かれていますが、身体障害者に比べると、お一人おひとりに合わせた対応が求められる知的、精神、発達障害の障害者の雇用はまだまだ進んでいません。

調査研究を先駆的に進めるNPOの皆様から学ばせて頂き、都の「ソーシャルファーム条例」制定に向けて、当事者のご意見を盛り込めるよう、働きかけてまいります。

※ decentwork-lab

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA