令和2年都議会第2回定例会補正予算案が公表されました。

ブログ

5/19に、令和2年都議会第2回定例会補正予算案が公表されました。5/15までに実施した25回の要望を通じてこれまで届けてきた都民の皆様の声が多数反映されています。

本件も第2回定例会の質疑対象になります。


1. 新型コロナウイルスの感染拡大を阻止する対策

ステイホームのために自宅から出すゴミが増えているとの報道がありましたが、そのゴミを介して廃棄物処理事業者に感染するリスクを削減するための「廃棄物処理事業者に対する新型コロナウイルス感染症緊急対策」、ベンチャー等の感染症拡大防止に資する新商品等の製品化を支援する「新事業分野開拓者認定・支援事業」、市中の感染率測定に有効だと言われている「抗体測定研究の推進」、第二波に備える「新型コロナウイルス感染症専用医療機関の整備に向けた調査」などが新たに盛り込まれました。   


2. 経済活動と都民生活を支えるセーフティネットの強化

「企業再編促進支援事業」は、この状況下であっても、都内中小企業の競争力を高めるために、「新型コロナウイルス感染症による中小企業経営への影響実態調」は、都の様々な支援事業の効果検証のためにも大切な事業だと考えます。

また、会派でも要望した都内農業者への支援として、社会情勢の変化を踏まえつつ、新たな販路開拓等に取り組む都内農業者を支援する「新販路開拓に向けた設備導入支援事業」が、「修学旅行等のキャンセルに伴う保護者の経済的負担を軽減するための支援」も新たに盛り込まれました。

会派のヒヤリングを経て、ひとり親家庭に食料品等を提供する「ひとり親家庭支援事業」学生や求職者の就職活動を支援する「オンライン就職支援事業」も新たに盛り込まれました。

 


3. 感染症防止と経済社会活動との両立等を図る取組

学校再開には備品の整備が不可欠ですが、しっかり予算化されています。


4.社会構造の変革を促し、直面する危機を乗り越える取組

デジタルトランスフォーメーション分野の支援事業が盛り込まれました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました