東京都立葛飾盲学校を視察

10/25の夕刻は、新旧文教委員会のメンバーで、東京都立葛飾盲学校(※)の視察に行きました。併設されている寄宿舎の設備、特に水回りの老朽化に関する陳情があったためです。

東京都立葛飾盲学校に通う生徒は、通学バスを利用することができますが、遠方のために通学時間がかかる生徒は、小学三年生以上で寄宿舎を利用することができます。利用は平日のみ、東京都立葛飾盲学校では、最大でも週に3日の利用とのことでした。

寄宿舎内を見学させてもらいましたが、設備は古いながらも手入れが行き届いていました。専門性のある職員に見守られて集団で過ごすことで、社会性も身につくように思います。子供たちが職員を信頼している様子が印象的でした。

※ 東京都立葛飾盲学校

“東京都立葛飾盲学校を視察” への2件の返信

  1. Haruki

    新旧文教委員会のメンバーですか。福島さんは、現文教委員会ですね。
    都立葛飾盲学校ですか。サポートが要るでしょうね。
    私、この2日程、ヤフーニュースにコメ投稿していました。知事の海外出張、都連訪問があったので、
    アンチのコメが多かった。批判が多いが理解しているとは思えない。思い込みなど。
    元々、ネットの書き込みは、正論が少なく、批判が多い傾向です。これネットの特徴ですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA