農地の保全の大切さを体感

12/9の午前中は、<リエコラボ通信No.6>(※)を持って、地元の支援者様にご挨拶に回りました。そして日中は、地元農家の大根&白菜堀りに参加しました。瑞々しい大根と<ごま症>のない真っ白な白菜は、いずれも新鮮で歯ごたえよく美味しかったです。

環境保全、火災時の延焼防止や避難場所、農業への理解や農業体験の場、そして、新鮮で安全な農産物の供給と、都市部の農地には様々な役割があります。生活に潤いと安全をもたらす農地の保全の大切さを体感しました。

※ リエコラボ通信Vol.06

12/11の都民ファーストの会の<代表質問>でも、農業振興の今後の展開を取り上げ、「都市農地の保全に向け、生産緑地地区の追加指定や特定生産緑地への移行を進める。貸借制度の機をとらえ、女性、若者、シニア等多様な担い手の確保・育成に力を入れるなどきめ細かな対策や体制整備に努める。農空間を都市の魅力かる貴重な資源として活用することで東京における農業の未来を切り開く。」との知事答弁を得ています。

地元農家さんでの大根、白菜堀り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA