東京都立町田工業高等学校~Tokyo P-TECH活動の視察

福島りえこ,都議選,世田谷区,都民ファーストの会,都議会議員 ブログ

4/13の日中は、同僚議員とともに、東京都立町田工業高等学校で実施している「Tokyo P-TECH活動」の視察に行きました。

私たちが見学したのは、今年度の初回で、シスコやセールスフォース、IBMの若手技術営業との質疑応答でした。「なぜ、その仕事についたのか」、「やりがいが感じるときは」、等の質問に、率直に答えていた姿が印象的でした。

「Tokyo P-TECH活動」は、3週間に1度、「総合的な学習の時間」を用いて行うそうで、普通高校の「情報I・II」に相当する「工業情報数理」とは別に実施されるそうです。

昨年、「P-TECH」を試行した3年生のクラス生徒に積極性の向上が認められ、中退率への影響は今後、とのことでした。

3週間に1度の取り組みで、以下概要の「IT人材としての専門力」に示される「ブロックチェーン」や「AI」、「Analytics」まで習得するのは難しいと思いましたが、「受験に巻き込まれない学校だからこそできる(専門学校まで含めた5年間の)取り組み」という言葉が印象的でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました