ご報告

福島りえこ,世田谷区,都議会,都議会議員, ブログ

HPで私の活動をご覧になっていただいている皆様に、ご報告です。

私は、4/30に「第8回都政報告会」を実施した後、体調を崩し、5/4から約一ヶ月入院、治療とリハビリに取り組んでいました。

病名は「ギラン・バレー症候群」といって、年間で10万人に1~2人しかかからない珍しい病気です。この病気を誘発する原因はまだ十分明らかにはなっていませんが、結果的に、身体の免疫系が自らの末梢神経系を攻撃し、両手両足に痛みと運動障害を引き起こします。

元来、身体の丈夫な私は、今回初めて病気で入院しました。幸いなことに、専門の先生方に診ていただき、治療を受けることができました。回復には個人差がありますが、私の場合は、罹患から1か月で、杖は使いますが既に歩行できているなど回復が早いため、完治の可能性が極めて高いと言われています。

入院中も、お電話で都民の皆さまのご相談をうけたり、オンラインで都の審議会に参加したり、第二回定例会の質問作成に加わるなど、議員としての活動を、しっかりと継続できました。加えて、コロナ禍でも通常の医療を担保する重要性や、バリアフリーの重要性を、この身をもって学ぶことができました。

しばらくは、激しい運動を伴う活動は限定されますが、「ギラン・バレー症候群」を乗り越え、様々な体の病、心の病で苦しんでいる都民の皆様に寄りそう都政を実現するとともに、引き続き、都民の皆様とコロナを乗り越えるために働いてまいります。

福島りえこ

都議会第二回定例会最終日に出席

コメント

タイトルとURLをコピーしました