プラスチック製品の分別回収を政府が検討開始

ブログ

「プラスチック製品「資源ごみ」で分別回収 政府検討」(日経新聞)の報道がありました。主に燃えるごみとして回収していたプラ製品も資源ごみとして分別回収を進め、資源としての再利用を拡大するため、分別回収やリサイクルの努力に応じた補助金の支給などを通じて自治体の取り組みを後押しする、という内容です。

区部におけるプラスチックごみの分別回収の必要性については、都政相談会「1stの日」で皆様から頂いたお声をきっかけに、私も数年かけて質疑はもちろん都職員との意見交換を重ね、令和2年度の予算に「持続可能な利用に向けたプラスチック対策」として盛り込んだところです。(以下の枠内)

都政相談会「1stの日」(2018/10/1)
「平成31年第1回都議会定例会」一般質問(2019/2/28)
福島りえこと行く「新日鐵住金・君津製鉄所のプラスチックリサイクル施設見学」(2019/4/22)
【令和02年度予算で実現したことその②:区部でのプラスチックの分別回収の推進】(2020/1/30)
「令和2年都議会第1回定例会予算特別委員会」~長らく課題だった区部における廃プラ分別推進に着手!(2020/3/12)

都民の皆様から頂いたお声を起点に調査研究し、都に対して国の取組に先立つ提案と事業化ができたと考えています(あとは執行率が課題です)。

これからも議員の役目を務めてまいります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました